知的財産委員会について年間行事予定関連法令法規模倣対策情報台湾当局提供情報
司法関連情報知財セミナー(日本開催)知的財産勉強会(台湾開催)弁護士弁理士事務所
委員会からのお知らせ勉強会.セミナーメールマガジン関連リンクよくあるご質問お問い合わせ

調査報告書等調査報告書等

[  調査報告書⇒ 14件中11-20件を表示 ] [ 1 2  ]
台湾における先使用権と公証制度
最終更新日:2015年5月15日

特許庁委託事業として、公益財団法人交流協会が取りまとめた調査報告書です。この報告書は、台北市日本工商会知的財産委員会戦略G会議メンバーが、プロジェクトチームを立ち上げて議論・検討した結果を踏まえ、弁護士が最終報告書の形に仕上げた内容となっています。

1. 台湾における先使用権と公証制度

台湾における先使用権と公証制度
ファイルタイプ:
商標とトレードドレスによる権利保護、台湾進出における知的財産戦略について(2013年3月発行)
最終更新日:2015年5月15日

特許庁委託事業として、公益財団法人交流協会が取りまとめた調査報告書です。この報告書は、台北市日本工商会知的財産委員会戦略G会議メンバーが、プロジェクトチームを立ち上げて議論・検討した結果を踏まえ、弁護士が最終報告書の形に仕上げた内容となっています。

1. 商標とトレードドレスによる権利保護

2. 台湾進出における知的財産戦略について

商標とトレードドレスによる権利保護、台湾進出における知的財産戦略について(2013年3月発行)
ファイルタイプ:
台湾における部分意匠の制度研究と有効性、在台湾日系企業から見た間接侵害規定(2012年3月発行)
最終更新日:2015年5月15日

特許庁委託事業として、財団法人交流協会が取りまとめた調査報告書です。この報告書は、台北市日本工商会知的財産委員会戦略G会議メンバーが、プロジェクトチームを立ち上げて議論・検討した結果を踏まえ、弁護士が最終報告書の形に仕上げた内容となっています。

1. 台湾における部分意匠の制度研究と有効性

新専利法が、平成24年12月1日に施行予定の中、新たに部分意匠制度が導入されます。企業の機能的デザインを全体意匠でしか権利を取得出来なかったために、他社が一部のデザインのみを変更することで、類似商品の販売を差止、賠償請求をすることが出来なかった状況に対し、新たな部分意匠制度をどのように活用していくことを検討した結果を纏めています。

2. 在台湾日系企業から見た間接侵害規定

台湾においては、間接侵害に関する規定がありません。このような中、現行法の民法の共同侵害規定からの取締の可能性に加え、在台湾日系企業が有効に侵害を防止するために必要な間接侵害規定を検討した結果を纏めています。

台湾における部分意匠の制度研究と有効性、在台湾日系企業から見た間接侵害規定
ファイルタイプ:
台湾における職務発明の規定、並行輸入品への法的手当(2011年3月発行)
最終更新日:2015年5月15日

特許庁委託事業として、財団法人交流協会が取りまとめた調査報告書です。この報告書は、台北市日本工商会知的財産委員会戦略G会議メンバーが、プロジェクトチームを立ち上げて議論・検討した結果を踏まえ、弁護士が最終報告書の形に仕上げた内容となっています。

1. 台湾における職務発明の規定

台湾法人の従事者が発明や創作を行った場合の権利帰属を、どのようにして取り決めるべきかを検討した結果を纏めています。また、雇用契約書等のひな形を添付しています。

2. 台湾における並行輸入品の法的手当

台湾において合法的に持ち込まれた並行輸入品は、権利者から権利侵害と訴えることができません。しかし、各種法令等に違反していたり、支払うべき税金を回避していたり、台湾のレギュレーションをクリアしていない場合は、しかるべき処置を執るよう求める権利が、権利者にはあります。

A.台湾における職務発明の規定
ファイルタイプ:
B.台湾における並行輸入品への法的手当
ファイルタイプ: